これって、シミ・・・? 


キャップの汗シミが落ちないというご相談を頂きます。
実は、シミではなく色褪せや変退色だったということがよくあります。

色が落ちてしまったものは、しみ抜きしても直りません。

キャップに染みこんだ汗は、そのまま放っておくと
生地を傷めるばかりか、地色まで変化させて変退色や脱色につながります。

また日光の紫外線が当たり続けると、窓際のカーテンのように
キャップも少しずつ色褪せてしまいます。保管場所にも注意が必要ですね。

●汗で変色したひさし部分の色褪せ修正

神奈川県から
電話でのお問い合わせ後にご依頼を頂きました。

「近所のクリーニング店に出したんだけ ど、汗シミが落ちなくて・・・。全体的に汚れている部分もお願いします。」

汗による変色でしたので、部分色修正で

目立たなくしました。

部分色修正とは、部分的に色を入れて目立たなくする技術です。
全体をベタッと塗るわけではありません。使用感をわざと残すので、全体のイメージが
あまり変わらず、色や肌触りの違和感を極力抑えることができます。


   参考料金  2,100円 (税抜)

   クリーニング&シミ抜き   1,100円 
   部分色修正          1,000円 

●保管中に退色したツバの部分色修正


 デザインキャップのひさし色落ち修正
ご依頼を頂きました。

「ひどく色が抜けてしまって・・・。
 これって直りますか?」

地色が汗により脱色してしまったケース。スッキリ洗浄で汗を落とした後、部分色修正で目立たなくしました。

変退色を防ぐポイントのひとつは、仕舞う前にしっかりと洗っておくことです。
このため 部分色修正だけのご依頼は、お受けしておりません。



   参考料金  2,100円 (税抜)

   クリーニング&シミ抜き   1,100円 
   部分色修正          1,000円
                            

色褪せ修正について・・・


着用または保管中の変色、退色してしまった部分は目立たなくなりますが、
新品になるサービスではありません。

変色、退色が広範囲の場合には、全体を修正するとイメージが変わり、
別物となってしまいますので、クリーニング後、ご返品させて頂くことがございます。

  

     汗による変色や色褪せ、日焼けによる退色、漂白剤による色ハゲなど
   一般衣料品、靴・バッグなどの色修正ご相談、ご依頼も毎日受けています。    
                   (1,800件を超える染み抜き実例満載のブログは こちら)

クリーニングのマイン
静岡県初!ドライブスルーのクリーニング店

営業時間 9時~19時
    0548-22-5150