キャップの大敵は、汗と皮脂の汚れ


直接肌に触れる部分やキャップのひさしは、触れたり擦れることで、
皮脂の汚れが繊維の間に深く入り込んでしまいます。

また、汗シミや汚れが酸素と触れて時間が経つと化学結合が起こり
発色してくるのが黄ばみです。ただ洗っただけでは黄ばみは落ちません。

内側に汗止め・汚れ防止テープを巻いたり、着用後にはしっかりと汗を拭き取っておくなど 日々のお手入れも大切。早めのお手入れは、お気に入りキャップを長持ちさせる秘訣です。

●キャップひさしの汗しみ黄ばみ除去

 
  横浜から宅急便でご依頼を頂きました。
  
「ひさしの部分 汗しみが気になりますので染み抜きを宜しくお願い致します。」

 
キャップの内側はもちろん、
ツバ裏側の汗しみもしっかり除去しました

 

 


                     
                      参考料金  1,100円 (税抜)
                         
                         クリーニング代 600円
                         汗しみ除去   500円                                    

●白キャップの黄ばみ取り

 
大阪から宅急便でご依頼を頂きました。
  
「特に白キャップのひさしに汗しみがひどいです。できるだけ白くなりますか?」
 
白や薄い色のキャップは、着用後時間の経過とともに、汗による黄ばみが目立ってきます。部分漂白でスッキリ!
元の白さに戻りました。
 


                   
                       参考料金  1,100円 (税抜)
                         
                         クリーニング代 600円
                         汗しみ除去   500円 
                                                                     

染み抜きについて・・・


    醤油、ミートソース等の食べこぼしのしみや家庭では取れにくいお茶やワイン、
   さらには プロのクリーニング店でも取るのに難しいとされるインクや墨、黄ばみなど
   染み抜きの ご相談、ご依頼を毎日受けています。

 納期は、通常お品物が届いてから 1~2週間 頂いています。
   
                   (1,800件を超える染み抜き実例満載のブログは こちら)

クリーニングのマイン
静岡県初!ドライブスルーのクリーニング店

営業時間 9時~19時
    0548-22-5150